マミコ

記事一覧(6)

Next Week! 11/24 SAT [父を探して]

もう11月も半ば!あ〜早い早い。本当に毎日が早くって・・・一つ課題をクリアするとかぶるように次の課題が。焦ってもうまくいかないので、一つ、一つ、こなしていこうと思います。今日もどうにか無事に1日が終わるかな・・・な〜んて言っている間に上映会が来週となりました!「父を探して」色の洪水のように美しい色が止まることなく流れてくる美しいアニメーションです。出稼ぎに出てしまったお父さんを探しに小さな男の子が旅に出ます。その旅を通し、世界を見る少年。今まで自分が暮らしていた世界とは全く違う世界。セリフらしいセリフは一切なのですがその分、映像に引き込まれ想像力が掻き立てられる作品です。ぜひお子様もご一緒に見にいらしてください。「父を探して」○11月24日土曜日○19:00スタート○大人1400円 ○学生1000円 ○幼児(3歳以下)無料(お膝に抱っこでお願いします。)*学生はネットでお支払い後、当日400円返金いたします。○チケットご購入:https://popcorn.theater/events/1304○お問い合わせ:nijicinema@gmail.com / 080-3019-9201以下、HPより引用本作『父を探して』(英題「The Boy and the World」)は、ブラジル・インディペンデント・アニメーション界の新鋭アレ・アブレウ監督による長編アニメーションです。出稼ぎに出た父親を探しに、少年が広大な世界を旅するこの作品は、2014年のアヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル(最高賞)と観客賞を同時受賞という快挙を達成。これまでに44の映画賞を獲得しています。 今年2月のアカデミー賞長編アニメーション部門でも、スタジオジブリ『思い出のマーニー』やピクサーの『インサイド・ヘッド』、アードマン『ひつじのショーン』ら有名スタジオ制作の作品に混じって、南米勢としては初めて最終候補にノミネートされました。 クレヨン・色鉛筆・切り絵・油絵具などを自在に使い分けた筆づかいは、まるで絵本に魔法がかけられたかのようで、自然な質感と滑らかなアクションが見るものを驚嘆させます。また、高畑勲監督と宮崎駿監督にも影響を受けたと語るアブレウ監督は、多彩な動きや色で子どもを魅了するだけでなく、社会・政治・環境・経済といった大人の問題をテーマに掲げました。 70年代〜80年代にかけて長い独裁政権を経験し、近年では経済成長が著しいものの、様々な矛盾が噴出するブラジル。本作はそのブラジルの歴史でもあり、現在の世界の縮図でもあります。さらに、それらすべてが比類のない芸術性と観察眼によって、一切のセリフもテロップも必要とせずに描かれている点で、言語の壁を超えた表現として世界的に高い評価を受けています。

「ずっと、いっしょ。」終わりました。

11月4日こんばんは^^昨日3日、「ずっと、いっしょ。」の上映会が無事に終わりました。5名のお客様が来てくださいました。ありがとうございました!にじの定員は20名なので・・・もっと来て欲しかったな〜。次回の上映作品の案内も書いた手作りのチラシを100枚ほど作りお店やカフェで置かせてもらったりお友達に渡したり、お友達も宣伝してくれたり・・・でもね、いっぱい来ても入れないから、意識してなかったんだけど、今思えば控えめだった・・・。だからあまり多くの人に届かなかったんだと思います。来てくださった5名の方は皆さん、上映後も残ってくださりテーブル囲んで少しお話をしました。年齢層は30代から(推定)70代。映画についてはこんな声が聞かれました。・樹木希林さんがナレーションと聞いて「見たい」と思った。・とっても大事なテーマだからもっとたくさんの方に見て欲しい。・男性に見て欲しいわよね!!(5名中、男性は1名でした。)・涙が止まらなかったそのあと、会場となった「にじ」についてもご意見いただきました。・定員や駐車場の数(少ない)についてはあまり気にせずに宣伝して良いのではないか・国府にこんな場所があるとは。国府は広い。・階段があるから夜は怖い(今回は昼の上映でした。)私は試写を含め、数回この作品を見させていただいてますが、何度見ても涙がでて来ちゃうところがいくつかあります。いろんなシーンで自分と重ね合わせて見てしまいます。そして、命の尊さを想い、家族がいてくれる幸せを噛みしめるんです。もっとたくさんの方に見ていただきたかったので、本当に自分の宣伝不足をとても後悔しています。でも、、一人ではやっぱり限界があるなあ〜!ぜひ皆様のご協力をお願いいたします!!次回は11月24日、「父を探して」です!皆様のお越しをお待ちしております!

はじめまして。「にじ」です。

はじめまして!にじ代表のタイラマミコと申します!「にじ」は2018年10月に高山市の国府町に新しくオープンする多目的スペースです!映画の自主上映会を中心に展開して行きます。ゆくゆくはみなさんに多目的で使っていただけるような場所も目指しています。これからどんなことが展開されて行くのかは未知数です!具体的にアレしたい、これしたい、とは実は考えてないです。。。一つ一つ、今、目の前にあるものを一生懸命こなして行こうと思っています!不器用なので、ちょっとづつしか進めません。だから目の前にあるものを大切に、背伸びせず、取り組んで行くのみ、です。「にじ」はたくさんの方々のお力によりここまでで来ることが出来ました。これを書いておかねばなりません。2018年8月〜9月にクラウドファンディングにて機材調達のために皆様からのご支援を募らせていただきました。結果、目標額を10万円も上回るお金が集まりました。おかげさまで充分な機材を揃えることができ、無事に予定通り今月、OPENできることとなりました。クラウドファンディング以外でも、本当にたくさんの方々に応援していただき、ここまで来れました。私一人の妄想が本当にこんな風に現実になって行くなんて。改めて思うと、すごいことですね。これまで色々な形で支えてくださった皆様、本当にありがとうございます!これからどんな出会いがあるか?どんなことがあるのか?どんなことをやろうか?考えただけでワクワクが炸裂です!笑皆様に親しんでいただけるような、人が集まる素敵な場所にしていきたいと思います。これからどうぞよろしくお願いいたします。